忍者ブログ

■資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法 吉岡節夫 口コミ

このページは、吉岡節夫さんの■資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法 吉岡節夫 口コミの口コミ 効果 方法などの情報を公開しているブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法 吉岡節夫 口コミ



詳細はこちらを




ここ数年、いまだかつてないほどの速読ブームで、
巷には、ありとあらゆる方法が出回っていますね。

けれど、実はその数に比例して、
速読に悩む人口も増え続けていることを
あなたは知っていましたか?

これはおかしな話です。
だって、雨後のタケノコのごとく、次から次へと新しい速読法は出てくるのに、
速読できるようになる人がいっこうに増えないのですから。

それはなぜなのかというと、あまたの速読法は、
「大量に速く読むこと」だけにとらわれて、
速読の肝心な部分を見落としていたのです。

その肝心な部分とは、速読する目的のことです。
本来、速読は、
速く読めるようになることが目的ではありません。
言い換えると、速読が目的ではないということ。

本当の速読とは、あなたの目的を叶えるための手段なのです。
いくら速く読めるようになっても、
読んだ内容を理解し、記憶として残らなければ、全く意味がありません。
「1からやり直しては、また忘れる」の繰り返しで、結局何回も同じところに戻るのでは、
時間をムダにしているだけ…。本末転倒です。

これからあなたに約束してほしいことは、

今までの速読の常識を捨てて下さい。


メディアの力とは恐ろしいもので、いつの間にか世間では、

『右脳=頭が良い』

『右脳=勉強ができる』

『右脳=成功者』

といった机上の空論が出来上がっています。

どれだけ右脳に膨大な情報をイメージとして取り込んでも、
それらをきちんと理解して、読み書き、または会話という形で
外部へ発信できなければ、速読しても意味はありません。そして、
その作業は、左脳との連携プレーなしに、右脳だけではできません。

もう1度お伝えしますと、速読しながら、理解力と記憶力を高めるためには、
左右の脳の連携プレーが必須です。そのためには、ある方法を使って
左脳を刺激してあげるのです。すると、左脳と右脳の間には、おのずと…

高速処理

という現象が起きます。スポーツカーを思い浮かべてみてください。
非常に緻密で高性能な構造でできていますが、
エンジンを動かさなれば、ただの機械のかたまりですよね?
でもいったん作動すると…
アクセルを踏めば踏むほど、車体は熱くなり、
あとは自由自在です。
突っ切るような猛烈なスピードで走ることができます。
まさに、その状態が脳の中で起きるのです。その効果の内容が、
口コミで評判になっています!




このページは、吉岡節夫さんの■資格試験に1発合格するためのノーストレス速読勉強法の口コミ 効果 方法などの情報を公開しているブログです。

詳細はこちらを







 

PR

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析